リバースモーゲージ ・リースバック

本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク



きんざいが制作していたFP受検対策に関する書籍は、今後制作・販売されません。

そこで、僕が実技試験対策本をKindleで出版しました。

開催年度別に3回分を一冊にまとめた年度版はこちら

リバースモーゲージとは、自宅を担保に自宅に住み続けながら融資を受けることができる、高齢者向けのローンです。

 一般的なローンとは返済方法が異なり、元本の返済は契約者の死亡後、または契約期間終了後に担保不動産の売却で返済するか、相続人による一括返済となり、存命中は毎月利息のみの返済となります。

 月々の返済が利息のみで負担が少なく、契約後も自宅に住み続けられることが特徴です。

 留意点は、リバースモーゲージは融資ではあるものの、債務者が死亡した後は自宅売却が前提のため、家がなくなり、家が相続財産として残りません。

 金融機関によっては、使い道が限定されたり、マンションは対象外になる場合があります。将来の相続も見据えて、家族の十分な理解を得る必要があります。

 リースバックとは自宅を売却後、その自宅を賃貸住宅として住み続けられることです。担保の設定や借入はありませんが所有権は移転します。

 所有権を手放すため、以後の固定資産税を負担しなくて済みます。

 資金の使途に制約がなく、活用しやすいのが特徴です。

 留意点は、リースバックは家賃の支払いをする必要があるため、契約を更新するたびに家賃が上がる可能性もあります。

 また、リースバックでは売却によって自宅の所有権を失うので、売却した物件が転売されてしまうことがあります。

 オーナーが変わると、退去を求められたり、家賃を引き上げられたりしてしまうこともあります。

 所有権がなくなると自由にリフォームすることもできなくなります。


リースバックリバースモーゲージ
仕組み不動産を売却後そのまま賃借する不動産を担保にし年金の形で受け取る
借入の有無なしあり
所有権移転するしない
担保の設定不要必要
メリット売却代金が一括で支払われる 資金用途に制限がない 物件の買い戻しが可能毎月の返済は利息のみ 限度額まで何度でも借入可能
デメリット所有権が移る 毎月の家賃負担が発生年齢・所得制限がある 資金用途に制限がある 相続人の同意が必要 適用できる地域や建物に制約が多い

過去に出題されたFPへの質問事項

2023年2月4日Part2

Aさんの希望である庭部分を売却せずにリフォーム資金を調達して甲建物に住み続けるには、どのような方法が考えられますか

リバースモーゲージやリースバックが考えられます

リバースモーゲージとは、自宅を担保に資金を借入れ、死亡後に担保となっている自宅を売却して一括返済するローンです

返済期間中は、元本の返済はなく、毎月の利息だけを返済していくことになります
契約時点では所有権の移転はありませんが、最終的には自宅を売却する形になるので、Cさんの同意が必要です

    Profile  

manabu

   

FP1級技能士、AFP、証券外務員、日商簿記2級。
日本FP協会 CFP30周年記念プロモーション動画コンテスト 最優秀賞受賞
DTP・Webデザイナー・コンサルタントとして開業や副業のコンサルティング、FP試験のサポートを行っています。
詳しくはこちらをご覧ください

スポンサーリンク



実技試験を受験された方、よかったら質問内容を教えていただけませんか?

FP1級実技試験は情報も少なく、受験された方はご苦労されたと思います。
受験経験者の情報が、これから受験する方にとって大変役に立ちます。
・質問された内容
・気をつけたこと
・注意点など
FP1級試験に関することを教えていただけませんか?

※提供いただいた情報は、こちらのサイトで情報発信させていただきます。

受験日を教えてください

質問された内容などをご記入ください(必須)

お名前・ニックネーム

記事の更新をお知らせします

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。
Twitterフォローでも更新通知が届きます。